母と暮せば【ファンタジー】|求人情報とトレンド情報の【カモだ~し】守口・門真・大東・四條畷の地域密着情報サービスサイト


ピックアップ作品-母と暮せば

母と暮せばの登場人物紹介

福原伸子……吉永小百合

福原浩二……二宮和也

あらすじ

1948年8月9日。伸子の元に、息子の浩二が姿を見せる。実は3年前、浩二は原爆で亡くなったはずだった。驚きでぼうぜんとする母だったが、そんなことは気にせず、浩二はちょくちょく現れるようになる。これは息子の亡霊なのだと知りつつも、どこか嬉しい母親は、楽しくも悲しい生活を送るようになるのです。

見どころポイント

広島が舞台の「父と暮せば」という戯曲を受け継ぎ、描かれた作品。この世とあの世。人間が織り成す悲しくも美しい物語。ほのぼのとした展開ながら、そこかしこに刻まれた戦争の爪痕が、涙を誘う。

感想・ネタバレ

奥野一平さんのレビュー

冒頭のシーンで、胸が潰されそうになりました。原爆で死んでしまう瞬間、浩二が観た物は、目の前にあったインクの瓶が溶けだした所だったのです……。なんて悲しく、辛い時だったのでしょう。そして、そんな状態で息子を失ってしまった母親の心もいかばかりだったのでしょうか。死んだ証拠すら残ってないなんて……。これは涙なしには観られない作品です。

内海博美さんのレビュー

ただのお涙ちょうだいな作品ではありませんでした。人が生きて行くために、捨てなければいけないものがある。例え苦しくても、いつまでも死んだ人を思っているのは、いけないことなのだ。それが、この作品に託された教訓だと感じました。優しさでいっぱいの作品で、悲しいのだけど、どこか心が安らぐ映画です。

求人情報とトレンド情報の【カモだ~し】守口・門真・大東・四條畷の地域密着情報サービスサイト