BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント【ファンタジー】|求人情報とトレンド情報の【カモだ~し】守口・門真・大東・四條畷の地域密着情報サービスサイト


ピックアップ作品-BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアントの登場人物紹介

BFG……マーク・ライランス

ソフィー……ルビー・バーンヒル

あらすじ

児童養護施設で暮らす10歳のソフィーは、日ごろから寝つきが悪く、窓から夜の街を眺めるのが日課。するとそこに、身長が7メートルもある巨人が出現。彼女を巨人の国へといざなったのだ。巨人の名は、BFG(ビッグ・フレンドリー・ジャイアント)。とても優しく、ソフィーは次第に心を許すように。BFGの仕事は、子ども達に夢を吹き込むこと。ソフィーもまた、その一人。夢の国へと向かうのだった。

見どころポイント

あのスティーブン・スピルバーグ監督の作品。原作は、ロアルド・ダールの児童文学「オ・ヤサシ巨人BFG」。

感想・ネタバレ

吉川まゆりさんのレビュー

世界観と言いますか、映像は、好き嫌いが分かれるかもしれません。巨人がカッコイイでもなく、かといって怖いでもないので、私からすれば何となく気持ち悪い感じがあるんですよね……(笑)とはいえ、笑わされたり、涙したり、内容的には面白いなと感じました。軍隊のシーンがあるのですが、ファンタジーながら、そこにはリアルさを感じ、いい演出だと思いました。ただ、ソフィーが、BFGに対して、あまりにも早く心を開き過ぎかな~とは思います。子どもっぽさはあるけど、大人でも十分に楽しめるかと思います。

堀川辰夫さんのレビュー

子どもと一緒に観に行く映画としては良いかなと思います。ただし、日本語吹き替えで観るのは、オススメしません。子役の声が聞き取りにくいなと感じたので。そこはちょっと残念ですね。

求人情報とトレンド情報の【カモだ~し】守口・門真・大東・四條畷の地域密着情報サービスサイト