TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ【コメディ】|求人情報とトレンド情報の【カモだ~し】守口・門真・大東・四條畷の地域密着情報サービスサイト


ピックアップ作品-TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ

TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬの登場人物紹介

キラーK……長瀬智也

大助……神木龍之介

あらすじ

修学旅行中に乗車していたバスが交通事故に遭い、死亡してしまった大助。その大助が目覚めると、そこには炎渦巻く中で苦しむ人々の姿があった。そう、まさしく本の中でみた地獄絵図そのもの。そこで、自分が死に、地獄に落ちたのだと理解する大助。とはいえ、好きな女の子に思いを告げていなかったことに混乱する。そんな大助の前に現れたのは、地獄のロックバンドリーダーのキラーK。彼の手により、どうにか地獄から現世へ戻ろうと悪戦苦闘の日々がはじまる。

見どころポイント

死や地獄を扱いながらも、とてもコミカルに描かれている映画。決して怖くはない。どうやって現世に戻るのか、面白く楽しい騒動の連続で、笑いが止まらない作品だ。また、地獄のロックバンドと言う設定上、主人公達の演奏にも注目!猛特訓した成果を観て欲しい。

感想・ネタバレ

小野真理子さんのレビュー

地獄のロックバンド・ヘルズ、いいですね~!かっこいい!入りたい!あ、でも死なないと入れないんですよね。ならいいか……(笑)とても楽しい作品でした。宮藤監督の作品は、過去いろいろ観ていますが、どれもハズレは無いですね。

吉井光太郎さんのレビュー

地獄設定がすごく面白かったです。人って、死んだら、本当にこんな末路を辿るのでしょうか(笑)ヘルズは、すごくカッコイイ演奏でしたね。実際に地上デビューされるみたいですが、映画の時期だけでなく、ずっとずっと活躍して欲しいなって思っています。

求人情報とトレンド情報の【カモだ~し】守口・門真・大東・四條畷の地域密着情報サービスサイト