バケモノの子【アニメ】|求人情報とトレンド情報の【カモだ~し】守口・門真・大東・四條畷の地域密着情報サービスサイト


ピックアップ作品-バケモノの子

バケモノの子の登場人物紹介

熊徹の声……役所広司

九太(少年期)の声……宮崎あおい

あらすじ

人間界の「渋谷」。そしてバケモノ界の「渋天街」。これは決して交わることのない世界。しかし、ふとした瞬間に、主人公の少年と熊徹が出会ってしまう。交わってはいけない掟がありながらも、熊徹の弟子となることを望む少年に、熊徹は「九太」という名前を授け、修行を行うようになる。そして長い日々を過ごし、渋谷に戻った九太。人間との触れ合いの中で、人間界のことを学び、楽しさも知る。そんな中で発生した大事件によって、九太は「自分はどこで生きるべきなのか……」と悩みだす……。

見どころポイント

人間界とバケモノ界というパラレルワールド。孤独な少年と心を通わすバケモノ。そこにバケモノ界のトラブルが加わり、選択を迫られ悩む少年。お互いに成長していく九太と熊徹。心を通わせる過程もほのぼのしていて笑いもあって、すごく素敵に描かれている。

感想・ネタバレ

島村直樹さんのレビュー

言ってしまえば、よくある話し。でも、すごく丁寧に描かれていて、なんだかすごく惹き付けられた。親のようで友人のような師匠熊徹と、子どものようでいて精神的にはどこか大人な九太。それがいつしか同等になり、二人の男の友情のようなシーンが結末にかけ描かれているのは、本当に素敵だった。

加瀬郁子さんのレビュー

女の子とのやりとり、特に進展が無いのであれば、描かなくても良かったのかもしれない……と感じました。一人で将来を見据えて学び出す……でも良かったのでは?

求人情報とトレンド情報の【カモだ~し】守口・門真・大東・四條畷の地域密着情報サービスサイト