映画 「聲の形」【アニメ】|求人情報とトレンド情報の【カモだ~し】守口・門真・大東・四條畷の地域密着情報サービスサイト


ピックアップ作品- 映画 「聲の形」

映画 「聲の形」の登場人物紹介

石田将也の声……入野自由

西宮硝子の声……早見沙織

あらすじ

ある日、ガキ大将の石田将也が通う小学校に転入してきた、生まれつき聴覚に障害を持つ少女・西宮硝子。退屈することが大嫌いな将也は、硝子の存在によってその日々から解放されるが、硝子との間に発生した出来事により将也は心を閉ざしてしまう。それから5年が経過し、高校生になっている将也は、別の学校に通う硝子に会おうと決意する。

見どころポイント

観ていると、辛いシーンも多くあります。人の汚さ、怖さを感じるのも事実。しかしこれは、すべてがまったく嘘の物語なのではありません。いま、この時も、同じ思いをしている人がいる。そう感じながら、観て欲しいのです。

感想・ネタバレ

佐々木真琴さんのレビュー

硝子のイジメがあって、それが解消して、終わり……だと思っていました。しかし、そこから意外な展開を迎え、苦しむ将也。その姿を見て、人と人が本心で向き合うことのむずかしさを感じました。

谷原京弥さんのレビュー

人が人と付き合うということの真実を見せてくれる、そんな内容の物語です。私の周りに聴覚障害者はいませんが、今回作品を観たことで、何かあった時には、きっと今までの自分以上に上手に接することができるのではないかな……と思っています。

元吉りえ子さんのレビュー

原作の漫画は単行本で7巻あるんですが、それをよく1本の映画でまとめられたなと感心するばかりです。

求人情報とトレンド情報の【カモだ~し】守口・門真・大東・四條畷の地域密着情報サービスサイト